リプロスキンには3つの効果が期待できる!

お肌を柔らかくして浸透力アップ!のリプロスキン

「リプロスキン」というものをご存知でしょうか?
少し前からアクネケア商品が増えてきてますが、このリプロスキンは”ニキビ跡に効果がある”と言われています。

例えば、クレーターのような凹凸のある肌(みかん肌)、ニキビの炎症により赤みを帯びた肌(リンゴ肌)、古い角質が黒ずんでしまった肌(イチゴ肌)と種類がありますが、この3パターンが代表格でしょうか。
このようなお肌状態をモチモチぷるぷるなお肌に改善出来るというのです。

そもそも、リプロスキンとは導入型柔軟化粧水で、お肌を柔らかくして浸透しやすい状態を作るという特徴があります。
これは、古くなった角質が溜まったゴワゴワお肌では良いものでも入りずらく、お肌トラブルの悪循環になってしまうからです。

そのため、お肌を柔らかくすることでリプロスキンに含まれている”保湿成分(ホメオシールド、低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸)・美容成分(ダーマホワイト)・美肌サポート成分(酵母エキス、イソフラボン、アロエエキス、ゼニアオイエキス)のナノサイズに凝縮された8種の美容成分”が浸透しやすくなり、これらの成分がニキビ跡の凹凸・赤みや黒ずみ等の色素沈着を綺麗にしてくれる効果が作用するのです。

もちろん効果には個人差があり、2ヶ月程度かかる・・・という場合もあります。
ですが、途中でやめてしまっては意味がありません。

長く使い続けること、またお肌の再生には時間がかかる場合もあるということを念頭に入れておいたほうがいいかもしれません。
もしお肌に合わない場合は、”安心の60日間返金保証”がありますので、商品を使い切っても可能なのでとても安心です。

”温めて”浸透力アップで効果大!?

使い方は、一番最初に使用するのが肝心です。
洗顔後のメイク前や、メイクを落とした後のスキンケアとしてです。7~10振り程手に取り、両手で”しっかりと温めると浸透力が上がる”ためポイントになります。

次に、温めたリプロスキンをハンドプレスで顔全体に浸透させながらなじませます。
その後、いつもの保湿液で保湿をしっかりとするようにしましょう。

乾燥が気になる場合は、リプロスキン→乳液→保湿クリームの順番が良いそうです。
秋冬等は特に重要ですね。気になる部分にはリプロスキンを二度、三度づけがポイントだそうです。この中でいつもやらないことと言えば、やはり「温める」ことでしょうか。夏等は「冷たい化粧水バンザイ!」と思っているので、考え方を改めたいと思います・・・。

実際、ナニに効果があるの?

多く聞かれるのは「ニキビ跡が薄くなってきた」「綺麗になってきた」「ニキビが出来づらくなった」等でしょうか。
まず8種の美容成分に含まれるダーマホワイトには、ニキビ跡の色素沈着を抑える効果があります。

グリチルリチン酸2Kと呼ばれるニキビの炎症・悪化を止める作用があるものも含まれています。
また治すだけでなく、水溶性のプラセンタエキスが入っているため、肌のハリや保湿力を整えてくれます。このように有効な成分が入っているリプロスキンを長く使い続けることによって赤ちゃんのようなお肌を目指すことも夢じゃない!?のです。そのためにはやはり、長い期間使い続けるための第一歩として一度お試しいただき、自身のお肌に合うか合わないかを判断していただければと思います。 誰もがうらやむ赤ちゃん肌、是非とも手に入れたいものですね。